昨日より今日はちょっとだけいい日に。

「続ける」やる気をキープするための記録ブログ。いまのところほぼ振り返りブログ。時々思いついたように別のことを書いています。日々の記録になっているブログですが書くようになって達成率があがってます。こんな自分しか得しないブログを見に来てくださる皆様に感謝です。

【習慣】お朔日詣って本当にコスパが良いと改めて思う2月

f:id:Maemi:20230201154946j:image

こんにちは。
マエです。

1日なので氏神様に朔日詣に行ってきました。

先月自分と家族・身近な人が無事に過ごせたことへの感謝と、
今月も見守ってもらえるようにお願いしてきました。

 

今年も毎月お朔日詣やっていきます。
これって本当にコスパのいい習慣です。
って言ったら信心深い方に怒られるかもだけど。
少しばかりのお賽銭(私は最低100円+入ってる10円以下の小銭)と近所の神社に出勤前に寄る数十分使うだけで新年のような新しい気持ちを得ることができるんですよ。

スーパーマリオで言ったらスター取った時みたいな。
無敵状態は言い過ぎかもしれませんが、まあ、数日~1週間くらいはいつもよりちょっとやる気出ます。
あと、気持ちの切り替えもできます。

あとは1日だということうっかり忘れないように気を付けないと。

食生活を改善(1/29〜1/31)『1週間に一つずつ 心がバテない食薬習慣』を参考に


こんばんわ。
マエです。

毎月思うけど振り返りの項目をあえて入れてある、本当にいい本です。

 

 

疲れやすい身体を変えたくて本を参考に食生活をゆるく改善

2022年の6月から続けている食生活改善。
この本を参考に進めています。

季節ごとに取り入れやすい習慣を一週間に一つずつ紹介してくれているのでめんどくさがりな私も続けられてます。

 

1/22→1/28振り返り

雪や曇りでほぼ太陽が出ない時期でした。陽の光が恋しい。
イワシとニンニクは取り入れられず。

 

 

1/29→1/31月末はその月の振り返り

来年の私の為に1月の食を自分のブログで振り返ります。

 

maemi.hatenablog.com

睡眠の質が下がりやすい。
きのことたまごは取り入れやすい。

 

maemi.hatenablog.com

キクラゲ買ったものの、まだ使えていません。
シソも夏のイメージだけど冬もしっかり食べていこう。

 

maemi.hatenablog.com

1月は不調がちでした。
毎年明確な理由のない不調だったから食生活をしっかり変えれば改善できるのかなぁ?

 

筋トレ報告(1/22~1/28)

こんばんは。
マエです。

冬の寒さにも負けず、体動かしてます(室内でだけど)

 

今週の筋トレ報告


基本は家でニンテンドーDS「リングフィットアドベンチャー」で筋トレしてます。
時々「Fit Boxing2」でうさばらししてます。
※赤字は今回増やした回数

 


1/22(日)

ストレッチ

 

1/23(月)

「リングフィットアドベンチャー」カスタムモード(柔軟性と体をほぐすメニュー)

扇のポーズ20回
チョウツガイのポーズ12回
ねじり体側のポーズ12回
マエニプッシュ20回
折りたたむポーズ12回
英雄1のコース12回
扇のポーズ20回
バンザイコシフリ50回(MAX)
スワイショウ50回(MAX)
バンザイバンドベント20回

 

1/24(火)

「リングフィットアドベンチャー」カスタムモード(楽ちんコース)

グルグルアーム42回
アームツイスト42回
スワイショウ42回
バンザイコシフリ42回
アゲサゲコンボ42回
ロシアンツイスト42回
マエニプッシュ16回
扇のポーズ12回
ライミング初級
グルグルアーム42回

 

1/25(水)

ストレッチ

 

1/26(木)

さぼり

 

1/27(金)

飲み会で遅くなったのでなし
その代わり1万歩ウォーキング

 

1/28(土)

オンラインヨガ30分

  +

「リングフィットアドベンチャー」カスタムモード(お腹中心)

ツイストバッティング初級
椅子のポーズ16回(MAX)
ねじり体側のポーズ16回
ハサミレッグ20回→28回
レッグレイズ20回(MAX)
スワイショウ50回(MAX)
バンザイバントベント20回(MAX)
バランスウォーク上級(MAX)
ロシアンツイスト50回(MAX)
リングアゲサゲ50回(MAX)

 

今週の振り返り

筋トレ3回+ストレッチ2回+ウォーキング1回+ヨガ

結構運動できた週
内容は軽めだけど回数でカバー。
久々に軽めのヨガクラスをオンラインで受けたけど自分のヘタレ具合にびっくりでした。
ダウンドッグしたら腕がプルプルした……

 

1月4週目(22日~28日)の振り返りと5週目+2月(29日~2月4日)の目標設定

ブログ本文とは一切関係ないホッキョクギツネ(らしい)私が見直すときに気分いいようにという理由なだけで採用。こんなかわいい生き物が野生にいるのか?!

こんばんわ。
マエです。
来週は2月?2月?!
信じられない。

 

1月の目標

2023の年間目標に沿って1月の目標を設定します。
PDCAノートというものを使ってやっているのでブログも同じ形式で。

P(Plan)・D(Do)・C(Chack)・A(Action)+G(Goal)

①不安感の払拭

G:今の生活の中に将来の知識を得る習慣組み込む
P:それぞれの不安(介護・将来の備え・老い)を知るための本3冊を調べて通勤時間に読みだす

 

②仕事・お金

①を3ヶ月で集中して行うため今月はなし

 

③時間

G:時間をかけずに部屋の綺麗を保てる仕組みを作る
P1:1日1捨・1入1捨習慣になっているが続ける
P2:平日に1部屋だけルームツアー+週1で1か所改善

 

④健康

G:体調不良気味なので整える。
P1:お菓子を食べたくなったら代替お菓子をまずは食べる。
P2:筋トレorマッサージorストレッチ5日/週
P3:体脂肪率・睡眠・マインドフルネスの時間をレコーディング

 

⑤その他

G:マンドリンスキルUP
P1:練習平日10分以上・休日20分以上
P2:「闘牛士の歌」伴奏にあわせるまでクリア

G:楽しく英語を勉強続ける
P1:英語アプリ「Engly」に平日2回投稿する

 

4週目の振り返り

①不安感の払拭

P1:先週読んだ本をブログにまとめる
D:できた。
C:まとめるとさらに頭に入る気がする
A:知った情報をさらに詳しく調べる

P2:新しい本を図書館に予約or購入
D:できず

 

②仕事・お金

①を3ヶ月で集中して行うため今月はなし

 

③時間

P1:1日1捨・1入1捨習慣になっているが続ける
D:できた

P2:平日に1部屋だけルームツアー+リビングの角を整える
D:一部できた
C:8割ほどかたづいた。
A:完全に物がない状態にする。2月に不用品を売りに行く

 

④健康

P1:お菓子を食べたくなったら代替お菓子をまずは食べる。手作りオートミールチョコの材料購入
D:チョコの材料購入
C:簡単に作れそう
A:来週の休みに作成する

P2:筋トレorマッサージorストレッチ5日/週
D:筋トレ3回+ストレッチ2回+ウォーキング1回+ヨガ

P3:体脂肪率・睡眠・マインドフルネスの時間をレコーディング
D:体脂肪計33.2%(±0)、睡眠5時間35分(+20分)、マインドフルネス平均5分(-2分)

 

⑤その他

P1:マンドリンの練習70分+レッスン40分。レッスン時間確保のため朝の起床時間固定化
D:個人練習分36分+レッスン40分
C:平日できていないのが課題
A:朝できなかった日は夜に10分だけでもやる

P2:「闘牛士の歌」セカンド(伴奏)を合わせる
D:伴奏合わせるまでに至らず。
C:次のレッスンでは必ず
A:夜練習時間を作る

P1:英語アプリ「Engly」に平日2回投稿する
D:できず
C:1日1回はできたが電車で座ると睡魔がきてしまう
A:休み時間に夜投稿文のベースを作る

 

 

4週目の楽しみ

・久々映画をみました。『ファブル2』
主役の岡田さんのアクションはもちろん無表情の演技、掛け合いの店舗の良さ、面白かった~。
悪役の堤さんが怖かった。
日頃いい人の役の人が悪役すると本当に怖い。

・3月の旅行の予約が取れた!楽しみ!

 

4週目の学び

・何かあったはず、なのにメモをし忘れて思い出せない。自分の記憶力を過信しない

 

2月1週目のスケジューリング

過ごし方・目標

次の週に1週間休みに入る為、仕事は忙しいはず。会社に新しい人も来るので周囲も騒がしくなると思うけど平常心で。

【本のゆるレポ】『うまいこと老いる生き方』 中村恒子・奥田弘美 著

こんばんは。
マエです。
最近読書習慣が廃れてしまっていたので久々の本ブログです。

年間目標で「自分の不安を解消するための知識を得る」と決めたので、老いに対する考え方を知るために手に取った本です。

 

 

「うまいこと老いる生き方」を読んだきっかけ

今年の目標で「自分の不安を解消するための知識を得る」と決めました。

 

maemi.hatenablog.com

 

そのために読んだ最初の本です。
ほわっとしたイラストと対談式の読みやすい内容。
表紙の帯を見ても希望が持てそう。
手に取ったのはそのような理由でした

 

「うまいこと老いる生き方」を読む目的(期待)

老いるということは未知の経験です。
まずは先に親が経験し、そのあと必ず自分にもやってくる。

私の老いに対する考え方はネガティブで不安しかありません。
気持ち・身体にどう変化が来るのか、事前にわかることがあれば不安が小さくなるかもしれない、そういう思いで手に取りました。

「うまいこと老いる生き方」本の著者

2人の精神科医・中村恒子さん(92歳)と奥田弘美さん(54歳)の対談形式の本となっています。
中村さんは戦後の日本で医師をしながら2人の子供を育て上げたツワモノ。
奥田さんも精神科医であり日本マインドフルネス普及協会の代表理事などされている方だそうです。
もうバリバリのキャリアウーマン。
お話の端々に、今よりもずっと女性が働きにくかった時代を乗り越えてこられたんだろうなと伺えます。

でもお二方とも精神科医をされてたくさんの人の悩みを聞いているからか、言葉が柔らかく読みやすかったです。

 

 

「うまいこと老いる生き方」の内容

この本の内容で紹介されている内容は大きく分けると3つ

  • 老いよる変化を受け入れる
  • 不安への対処
  • 死ぬということを考える

に分類されるように思います。

それぞれ複雑に絡み合っているから、はっきりと分けることはできないけれど、この3点を抑えたらうまく老いていくことができるのかも。

 

老いによる変化を受け入れる

老いてくるといろんな変化が訪れます。
その変化は大きく分けると自分自身に関することと周りの環境の2種類。

 

精神的・身体的な部分の変化

歳をとると身体にたるみが出たり皺が出てきたりする。
でもその分、若い頃みたいにメイクやファッションに気を使わなくなる

万事に付けて歳をとると気楽になるね

とのことです。

性別の縛りや人の目から解放される

たしかに歳を取るほどジェンダーの境が曖昧になるかも。
人にもよるのかもしれませんが、着飾ることへの興味自体が薄れるらしいです。

でも世間には「アンチエイジング」という言葉が溢れていて、歳をとっても若々しく!と煽られます。

でもこの本ではアンチエイジングは不老不死を求めるのと同じことだと言っています。
求めすぎると不安・不幸になるものだと。

老いていくのは人間として自然なことであって、病気でもなんでもない

なんだかちょっとホッとします。

 

気力・体力の衰えも悪いことばかりでないとお二人は言います。
自分を縛っていた「欲」や自己実現や人生を充実させないとという焦りからも解放されるそうです。

また、

老いると、人間関係の軋轢を起こすエネルギーも自然と少なくなる

とのこと。
確かに若い時はやんちゃだった話は多いですね。
人間が丸くなるというより気力が衰えるから、自然とトラブル起こすのが面倒くさくなるらしいです。
喧嘩するのもエネルギーいりますよね。

 

環境の変化

環境の変化は社会的役割の変化と人間関係の変化です。

若い人が中心に社会を回していくものだから、歳をとると役職についている人も役を離れていく。
子育ても終わる人も多いので

責任やプレッシャーから次々に解放されて行く

つまり、仕事に対するストレスも軽くなっていくそうです。

 

また、役割の変化とも関連して人間関係の変化も訪れます。

気力・体力が減るから多くの人と付き合えなくなる。
なので自然と関係性の薄い人とは疎遠になり、近しい人・感覚が似ている人との付き合いになるそうです。
無理な付き合いをしないからそのストレスからも解放されるそう。

 

人間関係の話で印象深かったのが

友達とわいわい楽しむことにも、かけっこや歌と同じで才能がある

という言葉でした。 
なんとなく、大勢がいる場が苦手なのは努力で克服できるもの、克服しないのは努力不足って思われる感じがしていたのでこの言葉は救われます。
才能なら、私にその才能がないんだからしかたないじゃん、って思える。

 

老いへの変化は全般にあまり良い印象はありませんでした。
私はまだ、老いを感じるなんて言ったら笑われる年齢ですが、それでも20代30代のころに比べてイベントに毎週出かけたり、飲み会に出るフットワークの軽さもなくなってきました。
なんかこれって駄目だ!もっとアクティブにならないとと焦っていましたが、なんでも物事には表と裏があるように手放すものがあれば入ってくるものある。
必要なのは変化しないように抗うのではなく、変化のいい面を見つけていくことなのかもしれません。

 

 

不安への対処

不安とどう折り合いをつけていくのかもこの本では語られていました。
漠然とした不安、これは年をとった人だけでなく老若男女すべての人に対してです。

その不安の根っこを探すこともが大切なのだそうです。
漠然とした不安の根底にあるものを見定めれば、その不安を解消するために何をすればいいかが見えてきます。

また悩んでる人は暇な場合が多い。
自分をほどよく忙しくする、1人の時間が増えてきたらわざと時間のかかる方法を選ぶのもいいそうです。
今は時間を作るために時短家事が流行っているけど、あえて手間暇をかけて丁寧に生活するってものいいそうです。

他の本でも言われているけどマインドフルネスも良いとのこと。

さらに時間帯も気を付けたほうがいいそうで、夜になるにつれて人は不安になりやすいのでさっさと寝てしまうことも対処の一つだそう。
これは実践しやすくていいですね。

 

 

死ぬということを考える

うまく老いるに為に自分がどういう最後を迎えたいかということは避けて通れません。
自分がどうなるかなんて誰にも分りません。
でも、どういう最後があるのかを知って、その状況になったときに自分はどうしたいかを元気な時に事考えておくべきとのことです。

 

死ぬことを考える①「延命治療は受ける?」「受けない?」

自分で食べられなくなったり、呼吸できなくなった時に人工呼吸器などを使用するのかどうか。
その判断をするためには日本の終末医療の現状を知ることが必要です。

私は前々から「延命治療は受けたくない」と思っていたのですがこの本を読んでさらにその思いが強くなりました。
私も「死ぬことが怖い」という感情はありますが、死んでしまえばそこでもうお終いなのだからよく考えたら死んだ後のことは怖くありません。
では何が怖いかというと死ぬ前にやってくる苦しい・痛いこと。
それらを長引かせるであろう「延命治療」は恐ろしいと思っています。


でも、この考え方は人それぞれだと思います。

みんな同じでなくていい。

でも、自分で判断できない場合に備えて動けなくなった時のために、自分の考えを身近な人に伝えておくことはみんなしていた方がいいと思います。
その意思を示しておくことを「リビング・ウィル」というそうです。

songenshi-kyokai.or.jp

サイトには書式も載っています。
こちらで医師を示すことは自分自身も安心ですが、なにより家族にその選択をさせるという精神的な負担を減らすことができるのもいいなと思います。
他にも「尊厳死宣言公正証書」という有料のサービスもあるそうです。


死ぬことを考える②孤独死とは本当に避けるべきものなのか

だれにも看取られず死ぬというのは、一人暮らしの老人が人知れず無くなり日が経ってから見つかるというニュースを思い出すので残酷なイメージがついています。
世間では孤独死は「寂しいもの」「絶対に避けるもの」をされていますが、中村先生の意見は違います。

入院のベッドにいても急変して家族が駆けつける前に無くなる場合もあります。
知っている人に看取られていないという意味で言えば孤独死だし、大勢に看取られていても「誰かが手を繋いで一緒にあの世に行ってくれるわけではない」といいます。

孤独死で人に迷惑をかけるのが嫌だという人には、それを防ぐために見守りサービスがあるのでそれを活用すればいい。

これは自分だけでなく親の介護にも言えることですね。
ずっとそばにいないと、一緒に暮らさないと親不孝と思うと無理をし過ぎて自分の生活まで損いそう。
人は本来孤独なものだというベースを持って、どうサポートすれば快適に過ごせるかを考えるようにすればいいと思いました。

 

死ぬことを考える③人生の終わりに後悔しないように生きる

死ぬことを考えるためにはどう生きるのかを考えるべきです。
穏やかに最後を迎える人の共通点として「やりたいことを、できるだけ後回しにせずに実行されてきた」ということがあるそうです。

中村先生曰く、

人様に大きな迷惑をかけない範囲でわがまましても、何も問題あらへん。
「わがままだ」って言ってくる人の大半は、他人が自分の思うように動いてくれなかったり、合わせたりしてくれないから駄々をこねてるだけや。

とのこと。
頼もしい。勇気づけられる言葉です。

 

 

『うまいこと老いる生き方』はこんな人におすすめ

  • 漠然とした不安がある人
  • 身体や精神の衰えを感じている人
  • 将来に不安を感じる人

私は今年の目標「自分の不安を解消するための知識を得る」の第一弾の本としてこちらを選んでよかったなと思いました。
自分の老いにも親の老いに関しても指針を持てた気がします。
自分で定期的に見直すためにまとめたので、長いまとめになってしまいましたがやむなし。

1000時間練習したらプロ並になれるのか?:12月のマンドリン振り返り

こんばんは。
マエです。
1月も終わりかけてるのにまだ去年のこと書いてます。

 

2022年マンドリンの目標

12月だから目標の締めくくりもやろう


行動目標 とにかく練習を毎日続ける
→毎日できない日もあるけどそれでも続けてる!自分を褒めたい!

結果目標 YOASOBI・ジブリリベルタンゴを弾けるようになる
→残念ながら技術届かず。楽譜も複数人でやるやつなんだよなぁ。

 

マンドリン:12月練習時間とトータル時間


なんでも1000時間やればそこそこになれる(?)と聞いたことがあるので続けてみます。

2021年80時間50分
2022年1月8時間13分
2022年2月7時間32分
2022年3月6時間34分
2022年4月5時間15分
2022年5月6時間47分
2022年6月5時間15分
2022年7月6時間35分
2022年8月4時間8分
2022年9月5時間23分
2022年10月5時間38分
2022年11月6時間24分
2022年12月4時間24分

1000時間まで残り836時間49分

平日の時間が取れなくて苦戦。

 

マンドリン:12月にできるようになったこと

課題曲:「テリーのテーマ」
綺麗な曲です。
ポジション移動が多くて追いつきません。
でもなんとか12月中に終わりました。

先生は優しくてやる気を削がないように気を使ってくれるので、ある程度上達したら「今のレベルではここまでできればOK」
出してくれます。

一つの曲をしつこくやって飽きないように配慮?じゃないかな?

「また、一定期間置いてスキルが上がって弾いたらもっとできるようになる」
とも言ってくれます。
きっと定期的に昔引いた曲を弾いたほうがいいんだろうけど、今は新しい曲の練習で手一杯。

闘牛士の歌」にはいりました。
知ってる曲だけどテンポが難しい……

あと、クリスマスなので「きよしこの夜」をポロポロ弾いて楽しんだ。

 

マンドリン:去年の12月はどうだった?

振り返って自分の成長を実感する作戦。

maemi.hatenablog.com

童謡から進歩してきた時期。
白い恋人たちまた引いてみようかな。

小指使ったらカックンはいまだありますが、カックンの頻度が減ってきている気がします。
少し強くなったと思っていいのかな?

毎日練習する大切さも自分で話してる。
最近はその練習が毎日できてないんだよなー。

もう一度朝の準備にかかる時間を洗い出そう。

食生活を改善(1/22〜1/28)『1週間に一つずつ 心がバテない食薬習慣』を参考に

こんばんわ。
マエです。

またまたスタート日が大幅に過ぎてしまいました。

 

 

疲れやすい身体を変えたくて本を参考に食生活をゆるく改善

2022年の6月から続けている食生活改善。
この本を参考に進めています。

季節ごとに取り入れやすい習慣を一週間に一つずつ紹介してくれているのでめんどくさがりな私も続けられてます。

1/15→1/21振り返り

心にも体にも無駄なものが溜まりやすい時期。確かにすっきりしない。
不眠とまではいかないけれど変な時間に目が覚める時期が続いてます。

食べ物は小魚とシソ。
どちらも取り入れやすい。
先々週くらいにキクラゲが紹介されていて買ってみました。
でもまだ使ってません。
そのまま味噌汁やなんかに放り込んでいいかと思っていたら一度水で戻さないといけないらしい。
まとめて戻して冷凍しとくかなー。


1/22→1/28気を付けること

冷え込みが厳しい時期(確かに)に日照時間の短さで心の乱れ。心身ともに不調が目立つ。

 

食べるといい食材

イワシ

ビタミンDがやその他の栄養が豊富。
生を使うのが面倒な人はオイルサーディンやアンチョビ缶がおすすめ。
とのことですがあまり使ったことなく。
ハードル高いな。
心の不調にピッタリ。

じゃこは好きで常時してるので取り入れやすい。


ニンニク

大好きなんですが旦那さんが胃とお腹が弱いので苦手らしく自然と食卓から避けるように。
ハーブソルトにも入ってるので自分の分だけに入れてみたり。

 

身体メンテ

目元を温めるといいとのこと。
気持ちいいですよね。
レンチンで温められるやつ買おうかなー。