買ってみた、やってみた、続けてみた。

「続ける」やる気をキープするための記録ブログ

【結果報告】『ずっとやりたかったことを、やりなさい』のワークショップを真面目にやっていた

このブログの最初の記事は『ずっとやりたかったことを、やりなさい』でした。

 

maemi.hatenablog.com

 

maemi.hatenablog.com

 

maemi.hatenablog.com

 

maemi.hatenablog.com

 

モーニングページのことも併せて4つも書いたんだから

もういいだろうと思ったのですが、

まだ足りなかったので本日も。

 

この本には1週間ごとに分けられたワークショップがあります。

1つずつ問いに答えて自問自答していくスタイルです

モーニングページやアーティストデートとあわせて

このワークショップが重要な役割を担っていると思うのです。

 

また、このワークショップの問いがハードで

結構自分の中を深掘りしていくというか

これまで自分が見ないようにしていたことをえぐってきます。

そしてまあまあなボリューム。

 

最初はきちんと1週間ごとにやるようにしていたのですが

2時間くらいの時間は必要で、まとまった時間も取れずに

全然進んでませんでした。

 

これでは一生終わらないと思って

ここでお得意の「やらないよりはマシ」精神。

 

毎朝モーニングノートのあと、

5分から10分ぐらいで2・3問くらいずつ

地味に続けてきました。

 

2月ごろからスタートして9月のはじめに終了。

8ヶ月かかりました。

本の中では12週で終わっているので

3ヶ月終了のプランになってます。

できるかーい!て感じなんですけど・・・

とりあえず一巡終わっての結果発表

 

  • モーニングノートはお休みの日もあるけれどほぼ毎日続けている
  • マンドリンを始めた
  • ブログ再開できた
  • ライティングの仕事を始めた
  • 創造性を蝕む無意識にきちんと見つめ直して認識。
  • 完璧じゃなくても世に出せるようになってきた(恐る恐るだけど)

 

毎日自分と向き合うことでちょっとずつ進み始めている感があります。

 

ただ、今回きちんと深掘りできていないところもあったので

もう一度最初から少しずつやり直そうと思います。

始めた頃と、どう変わっていくか楽しみ。

 

次のターンでやりたいこと

  • イラストを描き始める
  • モーニングノートの長さが短くなったのでもっと長く書く。書くことが尽きた後に大事な事が顔を出してくる気がするので
  • アーティストデートの時間が取れていないので週一行う
  • 自分の好きやりたいことにもっと貪欲になる

 

 

ついつい後回しになってしまうけれど

毎朝自分と話し合う時間を作るのはすごく大切な事なので

コツコツ続けていきます。

 

できたら2巡目が終わってまた変化を報告したいです。

 

 

 

 

【手帳術】月半ばの振り返りをやってみた

振り返りは細めにやればやるほど良いと思っていて

簡単ではあるけれど毎日、毎週やるようにしています。

こちらはきちんとした習慣になってきました。

 

ただ、全体に対する振り返りは月一回だけで

それだと足りないような気がしていたので

月の半ばに一度やろうと思います。

 

きちんと習慣になるようにブログに載せて行きます。

 

まずは毎月末振り返っていることの中間報告

 

マンドリンの練習→この時期にはまずます

睡眠→先日より平均10分減ってる

マインドフルネス→先月より平均2分減ってる

 

睡眠時間とマインドフルネスを見ることで

生活習慣が安定しているか見えてきます。

 

睡眠が減っている自覚は大いにあって

涼しくなってきたので快適なはずなのに

寝付きが悪くなってます。

お風呂早く入って、寝る準備は早めにしてるのに

なぜか眠くならなくて、ダラダラとベットに入らない。

スマホ見なくなってもタブレットを見ているという、

全く意味の無いことをしてます。

おかげで夜読書もできていません。

 

そして休みが減って仕事も忙しくなってきたので

マインドフルネスの時間が減っています。

日中、仕事の区切りがついたらやるようにとしているのですが

バタバタしてて……

 

意識を変えようとするのは楽だから。何も変えずに済むから。

夢を叶えるゾウ

 

にあったように意識を変えても行動を変えないと意味がないので

行動にまで落とし込みします。

 

【睡眠

「日中に5分ほど目を閉じていると睡眠の質が向上する」と言うことなので

休み時間に試してみようかなと思ってます。

思い出せるようにApple Watchのタイマーに追加しました。

 

【マインドフルネス】

今、日中の通知を6件にしてたのを10件に増やしました。

回数が多くなればやる回数も増えるのではと期待です。

 

さて、あと15日どうなりますか。

 

 

今さらですがほんとにいい本

『バンクシー展 天才か反逆者か』を観てきた

f:id:Maemi:20210913185938j:image

 

福岡に来ていた「バンクシー展」を、観に行きました。

 

印象としては過激でオシャレ。

ただ、ストリートアートが建物の中に収まったとき

ストリートアートと呼べるんだろうかと

モヤモヤした気持ちがついてまわりました。

 

映像や写真で展示は工夫してあったけど

やっぱり、外で実際に建物の壁に

描かれてあるのをみたいなぁ。

 

面白かったのはストリートならではのエピソードで

都合が悪いからと権力者が塗りつぶしたり

他のアーティストが描き変えたり

お金儲けで剥ぎ取って行ったり。

 

守られているアートと違って面白かったです。

 

でも、結局、展覧会になったら

係の人が作品にあまり近づかないように守ってました。

仕方のないことだけど

やっぱなんか違うよなーって思ってしまいました。

 

あまり展覧会を観て批判的なことを思ったりしない性質なのだけど

(基本へーおもしろーいって受け入れる)

こんな気持ちになるのは

バンクシーの反骨精神に影響されてだろうか?

 

【本のゆるレポ】『メンタル強め美女白川さん』は心の師と呼びたい

 

 

最近はまってる漫画。

ピッコマの無料配信で出会いました。

 

白川さんはかわいくて、とっても美人です。

かわいいもの、きれいなものが大好きで、いつも感じ良い。

それをぶりっこだ、媚びていると陰口を言われるけど気にしない。

だって白川さんが感じよくするのは、自分の為だから。

にっこり笑って機嫌よく、感じよくいる方が自分のことを好きになれるし気分がいい。

白川さんのアンテナはいつも素敵な人たちの方に向いていて、相手のいい点を人知れず見つけてチェックしているんです。

 

でも私が白川さんを好きなのはそこだけじゃない。

嫌なことにははっきりNO!と言える強さも持っているから。

セクハラをしてくるおじさんのいる、会社の飲み会には絶対に行かない。

社会人なんだから、我慢して参加しろと言ってくる上司にはきっぱりと、

「セクハラをされる分は私の給料には入っていない」と言い切るんです。

 

そして私が一番シビれた白川さんのセリフ

「本当はメイクが上手いだけでかわいくない」と陰口を言ってる人や

ナンパを無視したら「ババア」とか言ってくる人たちのセリフに

傷ついたのではと聞かれたとき

 

そんな失礼な人間の美意識とか信用するに値しなくないですか?

 

本当にかっこいい・・・・

 

明らかに相手が失礼な場合でも、私たちって傷ついてしまうのはなんででしょう?

相手が、そんな最低な自分自身を恥じるならともかく、

こちらは悪くないのに、どうしても気分が落ち込んでしまいます。

 

今度から失礼な相手には、心の中でこれを言おうと心に決めました。

紙の本買ってそばに置いておきたい。

 

【考え方】嫌いな人のおかげ

いつも嫌いな人がいます。

職場が変わっても、メンバーが変わっても

必ず1人はこの人やだなぁって人が。

 

以前は、こんなにいつも嫌いな人がいる

私が嫌なやつなんだろうと思っていました。

でも、「2:6:2の法則」を知ってちょっと楽になりました。

 

「2:6:2の法則」は働きアリの法則とも言われているようです。

 

働き蟻の中でも

2割のムチャクチャ働くアリ

6割の普通に働くアリ

2割の働かないアリ

がいて、働くアリだけ集めても

同じ割合で働かないアリが発生するらしいです。

 

それと同じで人間関係も

2割の好きな人

6割のどちらでもない人

2割の嫌いな人

で成り立っているそうです。

働きアリの原理で言うと

どんなに好きな人ばかり集めても

嫌いな人はどうしても出てきてしまうということ。

 

そう思うと、嫌いな人がいるのは

当たり前なんだ、と思えるようになりました。

 

さらに、意地悪だったりズルかったりする、その人は

私の好きな人たち、もしくはどちらでもない人たちが、私の嫌いな2割に入らないように

自ら嫌われ役を引き受けてくれているんだ、と思えるように。

 

もっといえば、他の人にも意地悪して

私が他の人の嫌いな2割に入らないようにしてくれているんだ。

 

そう思うと、まあ、状況は変わっていないのですが

なんか必要な役割に思えてきました。

彼女は、彼は、悪役をあえて引き受けてくれているのだと。

 

頼まれてもないのに

悪役を引き受けてくれるって

ある意味ありがたい存在です。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の切り売りはしないと心に決める

コロナでお給料減りました。

去年からボーナスなんて出ていません。

それと同時に会社が副業OKになって、バイトを始める人が増えました。

 

話を聞くたびに私は?っていつも迷いがでます。

6月くらいからライティングを始めたけれど

時給換算したら学生さんのコンビニバイト以下。

ふと、なんのために書いているんだろうと思ってしまいます。

 

まだ初めてだし、経験と信用を積んでいかないといけないことはわかっているけど

やっぱり凹む。

 

つい、お金をすぐに稼げる方に行ってしまいそうになりますが

まだ今はグッと自制して自分のスキルを磨きます。

 

 

 

天使のわらび餅、というものを食べてみた

『天使のわらび餅』というのが福岡県の久留米市にできました。

天神・博多を経由せず久留米に来るのって珍しい。

大阪が本店らしいです。

 

「天使の〇〇」ってお菓子に多い名前ですよね。

 

天使のチーズケーキとか

天使のはね(スナック菓子)とか。

だいたいふわふわしているか

色が白いかのどちらか。

 

わらび餅は大好きなのだけど

インスタ映え系の流行りのお店でしょ?

って斜に構えてました。

f:id:Maemi:20210907062649j:image

 

パッケージは超シンプル

わらび餅っぽくない。

 

 

f:id:Maemi:20210907062712j:image

パカっと開けてもたっぷりのきな粉に埋もれてます。

美味しそうだけど映えはあまりしませんね。

ということは映えで売ってないのか。

期待できそうです。

 

「とろとろ生わらび餅」の

和三盆とあずきを買ってきてくれました。

他にも2種類くらいあるのかな?

黒蜜は別売りだそうです。

 

ぱっと見違いはわからないけど

よくよく見るとあずきは

わらび餅自体に練り込んであるようで少し黒め。

 

箸で優しく掴まないと潰しちゃいそう💦

きな粉が溢れないようにも注意しながら

まずは黒蜜はかけずにぱくり。

 

 

ん?!溶けた?

口に入れたのはきなこだけだったのか?とおもう勢いで無くなりました。

すごい!これすごい!!

なんか手品みたい。

すごい!おいしーい!を繰り返してあっという間に食べてしまいました。

 

黒蜜もかけてみましたが

私はそのままの方が好みでした。

 

とぅるん加減は和三盆がおすすめ。

あずきの風味も良かったのですが

混ぜ込んだ分少し硬めに仕上がっていたので

私は次も買うなら和三盆です。

 

ちなみに大量のきな粉は食べ終わった後も捨てるのもったいなくて

タッパーに移し替えて他のにつけて楽しんでいます。

 

おすすめはきな粉バタートースト。

きな粉と砂糖とバターを練ってトーストにつけて焼くだけ。

毎日食べたくなっちゃう